時短な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『iPS細胞ができた!』

<<   作成日時 : 2009/06/09 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年度、マスメディアを騒がせたiPS細胞ですが、正式な名称をご存知でしょうか。
正しくは、induced pluripotent stem cellという名前で「インデュースド・プリュリポーテント・ステム・セル」と読みます。日本語では人工性多能幹細胞と呼んだりするそうです。
山中伸弥先生が如何にしてこの万能細胞を作るにいたったのか、ES細胞(胚性幹細胞)との違いなど一般人向けに分かりやすい読み物、対談集としてまとめられています。
若干、字を大きくしてページ数を稼いでいる感じもしますが、とても分かりやすく発見までの経緯がリアルに描かれています。
山中先生は整形外科医だったそうです。知ってました?
昨年の学会で山中先生の特別講演を拝聴しましたが、会場で一番大きなメインホールに立ち見が出るほど盛況でした。学会参加者が全員集合したようで、関心の高さがうかがわれます。
その学会は再生医療とは分野が違うのですが、iPS細胞について丁寧に説明し質問にも真摯に答える姿は誠実さを感じさせました。
iPS細胞の分野は全世界的に競争が激化していますが、これからの発展が楽しみな分野です。

iPS細胞ができた!―ひろがる人類の夢
集英社
山中 伸弥

ユーザレビュー:
ノーベル賞級すごい発 ...
iPS細胞が何故特許 ...
科学・技術を生み出す ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『iPS細胞ができた!』 時短な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる